So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭 今年を振り返る(錦織公式ブログから) [スポーツ]

男子テニスで世界ランク5位の錦織圭(日本)が9月26日、
自身の公式ブログを更新し「今年の夏は今までで一番充実
したハードコートシーズンでした。」と振り返った。

「1大会目トロントの決勝から始まりUS OPENではベスト
4までいけました。やはりマレーに勝てたことがまたひと

つなにかレベルアップしたんじゃないかと思ってます」と、
準々決勝のA・マレー(英国)戦を振り返った。

全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランド
スラム)では1回戦から3回戦まで1セットを落とす苦しい

戦いを強いられるも、I・カルロビッチ(クロアチア)との
4回戦はストレートで勝利、そして、準々決勝では優勝候補

のマレーを3時間58分で破り、2年ぶり2度目のベスト4進出
を果たした。しかし、準決勝ではS・ワウリンカ(スイス)

から第1セットを先取するも、逆転を許して決勝進出とはな
らなかった。

錦織は「残念ながら準決勝で負けてしまいましたが次来るチ
ャンスはものにしてまたグランドスラムの決勝で戦いたいで
す!!」と意気込みを綴った。

また、9月16日から3日間にかけて行われた国別対抗戦デビス
カップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対ウ

クライナ(日本/大阪、ハード)のダブルスに杉田祐一(日本
)とペアで出場した錦織は「デ杯では5-0で勝利することが
できました。今回はダブルスだけでしか貢献できず。」

「太郎ちゃんと西岡よっしーがタフな相手にシングルスで2勝
ずつしてくれたので助かりました。初めて組んだ祐一さんとの

ダブルスはとてもハイレベルでいいチームワークでできたと思
います。やっぱりダブルスは楽しいです。笑」と振り返り、「

でも今回は本当に若手2人が頑張ってくれていい試合見せてく
れて嬉しかったです」とメンバーのダニエル太郎(日本)と西
岡良仁(日本)の活躍を喜んでいた。

最後に「楽天オープンまで残り5日間!しっかり準備して頑張り
ます!!」と綴った錦織は、10月3日から開幕する楽天ジャパン

・オープン(東京/有明 コロシアム、ハード、ATP500)に出場
予定となっている。

楽天ジャパン・オープンでは、世界のトッププレイヤーが日本
に集結する。
         ”がんばれ錦織”

錦織圭 デビスカップ入替戦 錦織/ 杉田組が勝利、ワールドグループ残留決める [スポーツ]

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ
入れ替え戦(プレーオフ)日本対ウクライナ戦は17日、

大坂(日本)でダブルスが行われ、錦織圭(日清食品)/
杉田祐一(三菱電機日本)組がA・スミルノフ(ウクライ

ナ)/ S・スタコフスキ(ウクライナ)組を6-3, 6-0, 6-
3のストレートで下し、日本は3連勝でワールドグループ
残留を決めた。

全米オープン(ニューヨーク、ハード、グランドスラム)
でベスト4進出を果たしたエース錦織の体力温存のため、

日本はダニエル太郎(日本)と西岡良仁(日本)が初日に
登場し、初日を2連勝で終えていた。

迎えたこの日のダブルス、第1セットを先取した錦織/ 杉
田組が勢いに乗り、第2セットは1ゲームも与えずに2セッ

トアップとする。第3セットに入っても主導権は錦織/ 杉田
組が握り、勝利を手にした。

試合後、錦織は“絶口調”,「若手2人が逆境で格上に勝って
くれて」と初日のダニエル、西岡をたたえつつ、「でも最後

に勝って終わった人が一番…」とニヤリ,場内の大爆笑を確
認すると「まあでも、チームの勝利ですね」と締めた。

明日18日に28歳の誕生日を迎える杉田には、植田監督の
音頭でファンによるバースデーソングが贈られた。杉田は「

尋常じゃなく緊張しました。彼(錦織)のスーパープレーで
何度も助けられた。28歳なんですけれど、まだまだこれか

ら、また新たなスタートを切りたい」と笑顔で語った。

日本とウクライナの組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
 ・シングルス第1試合:ダニエル太郎 7-6 (7-4), 7-6 (7-2),
  6-1 S・スタコフスキ
 ・シングルス第2試合:西岡良仁 6-4, 5-7, 6-4, 7-5 I・
  マルチェンコ(ウクライナ)

【大会2日目】
 ・ダブルス第1試合:錦織圭/ 杉田祐一 6-3, 6-0, 6-3 A・
  スミルノフ/ S・スタコフスキ

【大会3日目】
 ・シングルス第1試合:ダニエル太郎 vs I・マルチェンコ
 ・シングルス第2試合:西岡良仁 vs S・スタコフスキ

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシン
グルスをそれぞれ行う。2日目にダブルス1試合、最終日の3日

目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行わ
れ、3勝した国が勝利する。

錦織圭 全米オープン準決勝速報 決勝進出を逃す [スポーツ]

テニスの全米オープン第12日は9日、ニューヨークの
ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンタ

ーで行われ、男子シングルス準決勝で第6シードの
織圭(日清食品)は第3シードのスタン・バブリンカ

(スイス)に6―4、5―7、4―6、2―6で敗れ、
準優勝した2014年以来2年ぶりの決勝進出はならなか
った。

準々決勝で絶好調のアンディ・マリー(イギリス)を
破って勢いに乗る錦織は、第1セット第5ゲームで先に

ブレークすると、すばやい攻撃からリズムをつかみセ
ットカウント6-4で先取。続く第2セットも第1ゲーム

でいきなりブレークに成功するも、第4ゲーム、そして
第12ゲームでバブリンカにブレークされ、セットカウ
ント1-1になる。

気温31度の過酷な環境の中、第3セットは両者ともブレ
ークして一進一退の攻防が続く。途中、降雨による屋

根を締めるための中断をはさんだ後、第10ゲームに錦
織が競り負け第4セットもバブリンカが取る。後がな

くなった錦織だったが、第4セットは勢いに乗ったバ
ブリンカが世界ランキング3位の力を発揮し攻守に圧

倒、錦織はバブリンカに敗れ日本人初となるメジャー
大会優勝の挑戦は、準決勝で終わった。

バブリンカは11日(日本時間12日)の決勝で、第1シ
ードで2連覇を狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア)

と対戦する。ジョコビッチは第10シードのガエル・モ
ンフィス(フランス)に6―3、6―2、3―6、6
―2で勝ち、決勝に進んだ。

今回のあと一歩のところで涙を呑む結果となった。いい
試合をしていただけに“残念”の一言に尽きる結果となった。

次戦以降の健闘を期待し引き続き応援しましょう。

錦織圭 全米オープン2016 4,5回戦制し2年ぶり4強へ [スポーツ]

テニスの全米オープン第8日は5日、男子シングルス
4回戦などが行われ、3回戦で世界42位のニコラ・

マユ(フランス)に勝利し4回戦進出を果た第6シー
ドの錦織圭(日清食品)は第21シードのイボ・カロ

ビッチ(クロアチア)を6―3、6―4、7―6で下
し、2年ぶりの8強進出を果たした。

この日、211センチの長身から繰り出すカルロビッ
チの強烈なサービスに、錦織は鋭いリターンで対応し、

第4ゲームで鮮やかなロブやパッシングショットを決
めてブレークに成功。その後は得意のストローク戦に

加え、サーブ・アンド・ボレーを決めるなどで、この
セットを先取する。

第2セットに入っても錦織の勢いは止まらず、第1ゲ
ームでカルロビッチのサービスゲームを破る好スター
ト切り、リードを守って2セットアップとした。

第3セットは両者のサービスキープが続けてタイブレ
ークへ突入し、序盤でポイントを連取した錦織が主導
権を握り、勝利を手にし準々決勝へ進んだ。

そして迎えた第10日は7日、準々決勝が行われ、錦織
圭(日清食品)は1―6、6―4、4―6、6―1、
7―5で第2シードでリオデジャネイロ五輪金メダリ

ストのアンディ・マリー(英国)を4時間近い死闘の
末下し、2年ぶり2度目のベスト4に進出した。

第1セットはミスを連発した錦織だが、第2セット途
中、雨のため一時中断した後、ストローク戦に持ち込
んでマリーに競り勝ち、3時間58分の試合を制した。

「すごく興奮して、冷静でいるのは大変だった。プレ
ーのアップダウンもあったけれど勝ててすごくうれし

い。(中断中)コーチたちと試合を分析してくれたの
がとても助けになった」と、錦織は試合後、コート上
でのインタビューで話した。

この後行われる準決勝で錦織はスタン・ワウリンカ対
フアン・マルティン・デル=ポトロの勝者と対戦する。

グランドスラム初制覇まで”あと2つ”、強豪が立ちは
だかるが吉報を期待したい。

    ”がんばれー”

錦織圭 全米オープン2016 4回戦へ進出16強へ

テニスの四大大会最終戦“全米オープン2016”
第6日は4日、ニューヨークのビリー・ジーン・
キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、

男子シングルス2回戦で世界ランキング95位の
カレン・ハチャノフ(ロシア)を敗り3回戦へ進
んだ第6シードの錦織圭(日清食品)が世界42

位のニコラ・マユ(フランス)と対戦。第1セッ
トを4―6で落としたが、第2セット以降は6―
1、6―2、6―2と連取し逆転勝利。4回戦進
を果たした。

第1セットは相手のスライスショットやカウンタ
ーショットに苦戦。「相手に攻められて取られた

1セット目だったので、2セット目、3セット目
はそれを意識した」と即座に修正を図り、

第2セット以降は危なげない試合運びで逆転勝ち
した。

「第3セットは一番よかった。サーブもよかった
ですし、リターンがさえてきた。そこからの組み
立てがよくなった」と試合後に振り返った。

 会場を訪れた日本人の声援に「たくさんの応援
があり、凄くやりやすかった」と感謝のコメント、
次戦の相手は第21シードのイボ・カロビッチ(

クロアチア)身長211センチ、104キロの大
男で通算サービスエース数が歴代1位というビッ
グサーバー、これには錦織も警戒している。

3回戦終了後、「かなりサーブの調子がいいよう
なので攻略は難しい。自分のサーブを上げていか
ないと」、直近は2014年のメンフィス・オー

プンで勝っているが、過去の対戦成績は1勝2敗、
グランドスラム大会初優勝に燃える錦織の前に大
きく立ちふさがる。

他では4回戦で第4シードのナダル(スペイン)
が敗れる波乱もあった。

次戦へ向けて「なるべく早くリカバリーして備え
たい」と意気込みを語る錦織、グランドスラム大
会初優勝向かって勝ち進む事を期待したい。

            “ススメー錦織”

錦織圭 全米オープン2016 2年ぶり3回戦へ  [スポーツ]

テニスの四大大会最終戦“全米オープン2016”第4日
は1日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナシ
ョナル・テニスセンターで2回戦が行われた。

男子シングルスで第6シードの錦織圭(日清食品)は世
界ランキング95位のカレン・ハチャノフ(ロシア)を6

―4、4―6、6―4、6―3で下し、2年ぶりに3回
戦に進出した。

第3セットの4─4の時点で雨による中断があったが、
錦織は再開後も主導権を握って相手に反撃を許さず勝利、

「特に第3セットで彼は本当にいいプレー、いいサーブ
を見せていた。雨で中断になる前にいくつかチャンスが

あったが、簡単ではなかった。再開後はいいテニスがで
きた」と試合を振り返った。

第2シードのアンディ・マリー(英国)は、マルセル・
グラノリェルス(スペイン)にストレート勝ち、第3シ

ードのスタン・バブリンカ(スイス)は順当に勝ち上が
った。

第8シードのドミニク・ティエム(オーストリア)も勝
ち上がった。

女子で世界80位の奈良くるみ(安藤証券)は同92位のア
ナ・コニュ(クロアチア)に3―6、3―6で敗れた。

第1シードのセリーナ・ウィリアムズと第6シードの姉、
ビーナス(ともに米国)は3回戦に進んだ。

錦織は3回戦では世界42位のニコラ・マユ(フランス)
と対戦する。

四大大会最終戦、今度こそ初制覇だ!

       “がんばれ錦織―!