So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭 スイス室内 準決勝&決勝速報 決勝で敗れ優勝逃す [スポーツ]

男子テニスのスイス室内は29日、スイスのバーゼルで
シングルス準決勝が行われ、世界ランキング5位の第

3シード、錦織圭(日清食品)は、世界37位のジレ・
ミュラー(ルクセンブルク)に4―6、7―6、6―
3で逆転勝ちし、この大会で5年ぶりの決勝進出を果
たした。

錦織は過去の対戦で2戦2勝のミュラーを相手に、ミ
スが目立った第1セットを落としたが、第2セットを
タイブレークの末に奪い、最終第3セットは地力を発
揮し逆転勝利した。

そして翌日(30日)迎えた決勝では、第4シードの
マリン・チリッチ(クロアチア)と、対戦、過去の対

戦成績は錦織の7勝4敗、2014年の全米オープン
決勝ではチリッチが勝っている。

今回、第3シードの錦織圭は第4シードのマリン・チ
リッチ(クロアチア)に1─6、6─7で敗れ、今季2

勝目、通算12勝目はならなかった。チリッチは通算
16勝目となる今季2度目のツアー優勝を果たした。

錦織は序盤からサーブ、ショットとも好調なチリッチ
に押され、第1セットをわずか25分で落とし、第2

セットでは粘りを見せたが、最後はタイブレークでダ
ブルフォルトを犯して敗れた。今季4度目の準優勝に
終わった。

錦織は今季の年間成績上位8人が参加できる最終戦、
ATPツアー・ファイナルへの3年連続出場をすでに
決めている。

チリッチは現在9位につけており、出場権獲得を目指す。

優勝へあと一歩,引き続きガンバレー錦織!

錦織圭 スイス室内 準決勝進出 [スポーツ]

男子プロテニス スイス室内、シングルス2回戦で
世界ランク38位のパオロ・ロレンツィ(イタリア)
にストレート勝ちし、準々決勝進出を決め、大会後

の31日に発表される世界ランクで自己最高位タイ
の4位に復帰することが確定した錦織圭(日清食品)

28日、スイスのバーゼル会場でシングルス準々
決勝行われた。

第3シードの錦織圭(日清食品)は、リオデジャネ
イロ五輪銀メダリストで同42位のフアンマルティ

ン・デルポトロ(アルゼンチン)を7-5、6-4
で下し、準決勝に進んだ。

錦織はこの試合でデルポトロから5度目の対戦で初
勝利を挙げた。

第1セットは第11ゲームで相手サーブを破って奪
取。第2セットも第3ゲームをブレークし、好サー

ブと相手のバックを攻めるショットを生かして押し
切り、ついにデルポトロを撃破、錦織は何度も力強
く握った拳を上げた。

試合後「すごく楽しみにしていた試合、初勝利は本
当にうれしい」、過去4度の対戦は全てストレート

負けしていた難敵に、2012年ロンドン五輪以来
の顔合わせで、4年間の成長の跡を存分に見せつけ

格別な勝利の喜びを味わい、「今大会一番のプレー
ができたと思う」と気持ちよさそうに笑った。

29日の準決勝では世界37位のジレ・ミュラー(
ルクセンブルク)と顔を合わせる。過去の対戦は錦

織の2戦2勝、既に出場を決めたツアー最終戦(11
月)へ向け、上り調子を続けた壮絶な優勝争いが見
たい!
 
“ガンバレー錦織”

錦織圭 スイス室内 初戦・2回戦を制し8強へ [スポーツ]

楽天ジャパンオープンでは左でん部を痛めて途中棄権
した“錦織圭(日清食品)”その後のマスターズ上海

大会を欠場し、24日、スイスのバーゼルで開幕した男
子テニスの“スイス室内”で故障から復帰し、世界ラン

キング5位、第3シードで参戦、これが復帰初戦とな
ったが、シングルス1回戦で世界77位のドゥシャン・

ラヨビッチ(セルビア)に7―5、6―1でストレー
ト勝ちした。

第1セットはショットの精度を欠いて苦しんだが、第
2セットは第2、第4ゲームで相手のサービスを破り、
第5ゲームまでを連取して押し切った。

そして迎えた26日の2回戦では、世界ランキング5位
の第3シード、錦織圭(日清食品)は世界38位のパオ

ロ・ロレンツィ(イタリア)を7―6、6―2のスト
レートで破り8強入りした。

錦織は第1セット、複数のブレーク機を生かせずタイ
ブレークに持ち込まれたが、これを制してリード、第

2セットはサーブ、ショットとも調子を上げて押し切
った。

準々決勝では第5シードのダビド・ゴフィン(ベルギ
ー)と、リオデジャネイロ五輪銀メダルのフアンマル

ティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦す
る。

故障から復帰した錦織、調子も良さそうだ。今回も大
いに期待が持てる試合になりそうだ。

  勝負はこれから!頑張れー錦織圭!


楽天ジャパンオープンを終えた錦織選手への想い [スポーツ]

男子テニスの楽天ジャパンオープンでは2年ぶりの
優勝を狙い、世界ランキング5位で第1シードとし

て参加した錦織圭選手(日清食品)でしたが、第3
日(10月5日)シングルス2回戦で世界ランキン

グ34位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦、
絶好調の滑り出しで3-0とリードするも、第3ゲ

ームで左でん部を痛めて「突然、痛みが来た」と、
トレーナーを呼び、その後、4-0リードから3ゲ

ームを戦い抜いたが、第8ゲーム、3ポイントを戦
った時点で棄権を申し出、5年連続の8強入りを逃
した。

楽天ジャパン・オープンでの棄権は初めての事だ。

しかし、この後発表された錦織圭の最新世界ランキ
ングは4位、5位のナダルとは10ポイント差とは言え、

ついに自己最高の4位に復帰した錦織圭、3位のバブ
リンカとは1000ポイント以上離され、6位のラオニ

ッチとも50ポイント差と予断を許さない状況である
が、何はともあれ自己最高4位に復帰は立派!

いまのBIG4が加齢により一線から退いていき、フ
ェデラー、ジョコビッチ、マレー、ナダルらの下の

世代同士の対決になってくれば、それが追い風にな
り、錦織はここ数年以内に“グランドスラムで優勝し

世界ランキング1位”になる日も近いと信じています!
今後の錦織の活躍に期待したい。

勝負はこれからだ!頑張れー錦織圭!