So-net無料ブログ作成

錦織圭 ATPワールドツアー・ファイナルズ 決勝進出ならず [スポーツ]

男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ
(イギリス/ロンドン、室内ハード)は19日、シン

グルス準決勝が行われ、第5シードの錦織圭は第2シ
ードのN・ジョコビッチ(セルビア)にトータルで

6度のブレークを許し、6-1, 6-1のストレートで
れた。 

1時間6分で勝利を手にし、決勝進出を決めたジェコ
ビッチは「最高のプレーが最高のタイミングで表れ

た感じ、全てが上手くいっていた」と試合を振り返
った。

また、「自分自身をエンジョイできた」とも語った
ジョコビッチは、対戦した錦織について「昨日も遅

くまで試合をしていたし、長いシーズンだったし、
長い大会でもあったはず。かなり疲労が残っていた

はず」と話し「圭は明らかにベストな状態とはかけ
離れていた」と語った。

一方、錦織は「彼(ジョコビッチ)は強すぎました。
今日に関しては自分がとてつもなく悪かった」と落

胆した表情でコメントした。この日で錦織の今シー
ズンの戦いに終止符が打たれた。

5連覇と6度目の優勝に王手をかけたジョコビッチは、
決勝で第1シードのA・マレー(英国)と対戦する。

ATPワールドツアー・ファイナルズは8選手が2グルー
プに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2名

が決勝トーナメントに進出、1位通過者はもう一方の
グループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビン1勝あたり200ポ
イント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポ
イント、最大で1,500ポイントを獲得する。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】
(1)A・マレー 3勝0敗
(3)S・ワウリンカ(スイス) 1勝2敗
(5)錦織圭 1勝2敗
(7)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗

【グループ・イバン レンドル】
(2)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(4)M・ラオニチ(カナダ) 2勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム(オーストリア) 1勝2敗
(9)D・ゴファン(ベルギー) 0勝1敗

今年はジェコビッチとの6度の対戦はすべて黒星で終
わった錦織、しかしこれらは価値ある積み重ねで今後
の貴重な経験になっていることは間違いない。

今後の更なる活躍を期待し応援を続けたい。

    ガンバレー錦織

錦織圭 ATPワールドツアー・ファイナルズ2戦 王者マレーに逆転負け [スポーツ]

テニス男子のツアー最終戦「ATPワールドツアー・
ファイナルズ」が英国・ロンドンで行われており、

第2日目に男子シングルス予選ラウンドロビンの初戦
に臨んだ世界ランク5位の錦織圭(日清食品)は、今

年の全米オープンを制した第3シードの同3位のスタン
・ワウリンカ(スイス)を粘り強いラリーで相手のミ

スを誘い、2-0で下し、初戦を白星で飾り幸先良い
スタートを切ったが、

16日行われた予選ラウンドロビン第2戦では、第1シー
ドで世界ランク1位のA・マレー(英国)と対戦、結果、
7-6 (11-9), 4-6, 4-6の逆転で敗れ、1勝1敗とした。

この試合、第1セット序盤から錦織は王者マレーと互角
に打ち合い、タイブレークへ突入。その後も一進一退の

攻防が続き、錦織が5本目のセットポイントをものにし
て、このセットを先取、

第2セットはマレーにリードを許すも、ゲームカウント
4-4へ追いつく。しかし、第9・第10ゲームを連取され
てファイナルセットへ突入、

ファイナルセットは第3ゲームで2本連続のダブルフォル
トをするとマレーに勢いを与えてしまう。その後も錦織
は息を吹き返すことが出来ず、惜しくも敗れた。

両者は今年だけでも4度目の対戦で、全米オープン(アメ
リカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準々決勝

では錦織が死闘の末に勝利していた。この日の敗戦でマ
レーとの対戦成績は2勝8敗、2年ぶり2度目のベスト4進

出へ向け、18日の第3戦では第7シードのM・チリッチ(
クロアチア)と対戦する。

ATPワールドツアー・ファイナルズに3年連続で出場して
いる錦織は、初出場の2014年にベスト4進出、昨年は予選

ラウンドロビンで敗れ、決勝トーナメント進出とはならな
かった。

世界1位を相手に互角の打ち合いを演じた錦織!次勝てば
2年ぶりの4強入りが決まる。10月のスイス室内決勝で
敗れた雪辱を期し応援したい。

     ガンバレー錦織!

錦織圭 BNPパリバ・マスターズ3回戦  逆転負けで8強ならず [スポーツ]

男子テニスのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、
ハード、ATP1000)は3日、シングルス3回戦が行われ、

第5シードの錦織圭(日清食品)は第11シードのジョー
ウィルフリード・ツォンガ(フランス)と対戦、2本の

マッチポイントを握るも完全アウェーに屈して6―0、
3―6、6―7で逆転負けし2年ぶり2度目の8強入り
を逃した。

この日、観客は地元のツォンガに声援を送る中、第1ゲー
ムで錦織がダウン・ザ・ラインを決めて、いきなりブレー

クに成功。続く第3・5ゲームでもツォンガのサービスを破
り、1ゲームも与えずに第1セットを先取する。

第2セットは第6ゲームでブレークを許すと流れがツォンガ
に傾き、セットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセットでは再び調子を取り戻した錦織が第8ゲー
ムで先にブレークに成功し、第9ゲームで2本のマッチポイ

ントを握るも、このチャンスを活かせずブレークバックさ
れると逆に主導権を握られ、逆転負けで3回戦敗退となった。

両者の対戦成績は今回が8度目で、錦織の5勝3敗、

2回戦では世界ランク28位のV・トロイキ(セルビア)をス
トレートで破り、5年連続の3回戦進出を果たすと同時に、

2007年にプロ転向してからツアー300勝を達成、前週のスイ
ス・インドア決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に敗れる

も準優勝を飾り、世界ランキングでは自己最高タイの4位へ
返り咲いた。

次の試合は11月13日に開幕するATPワールドツアー・ファイ
ナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)、3年連続の出場が確
定している。

残念ながら今回は優勝争いに加わることができませんでした
が、次回に期待し、引き続き応援しましょう。

      ”どうした錦織、次こそガンバレー”
 




錦織圭 BNPパリバ・マスターズ 3回戦へ進出! [スポーツ]

男子テニスのスイス室内では決勝で敗れ惜しくも
優勝を逃した錦織圭(日清食品)、今度は2日に

行われたBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、
ハード、ATP1000)の2回戦(本大会初戦)に登

場、第5シードで参加した錦織は世界ランク28位の
V・トロイキ(セルビア)と対戦、6−2、7−5で

ストレート勝ちし、ツアー通算勝利数を節目の300
に伸ばした。

試合は第1セット、互いにキープし合う展開が続
いたが、第5ゲームで錦織がブレーク。第7ゲー

ムもブレークすると、続く第8ゲームをキープし、
まずは第1セットを先取した。

第2セットは第3ゲームまで互いにブレークし合
う展開、その後5−5となった第11ゲームを錦織

が先にブレーク、続く第12ゲームはラブゲームで
あっさりとキープし、3回戦へ進出した。

3回戦は日本時間で11月4日03:30開始予定
だ。

ツアー通算勝利数を00に伸ばし調子も悪くない。
引き続き応援しましょう。

   優勝へ向かって突き進め錦織!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。