So-net無料ブログ作成

錦織圭 マイアミ・オープン6年連続16強 初Vへまい進! [スポーツ]

テニスの"マイアミオープン2017"男子シングルス
3回戦が、26日米フロリダ州マイアミで行われ、世

界ランク4位で第2シードの錦織圭(日清食品)は、
同30位の第25シード、元トップ10で同30位の

フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に7-6、6
-7、6-1の2時間44分のフルセットの末勝利し、
苦しみながらも6年連続で16強に進出を果たした。

試合はリードしながらも追いつ、追い抜かれる中での
苦しい勝利に、第1セット4-2で自分のサーブで

40-0、しかし、いきなりミスが生まれ、3ゲーム
を連取された。第2セットも5-3とリード、そこか

ら守りに入り、開き直った相手に逆転された。しかし
ながら、粘りに粘り最後、勝ちに結びつけたのはさす
が錦織、収穫は大きかった。

今年は試合中に突然、凡ミスを連発する瞬間がある。
錦織も「試合の中でアップダウンはある」と認める。

この日も試合終了後、勝ってほっとした表情を見せた。
左利きのパワーヒッターで球の回転量が多い相手とは

過去2勝2敗、ツアー7勝で最高7位の難敵だけに「
タフな相手というのは分かっていた。最後、集中して
勝てたのは良かった」と試合を振り返った。

   isiki yjimage.jpg

今大会、世界1位のマリー(英国)、2位のジョコビ
ッチ(セルビア)がケガで欠場、5位のラオニッチ(

カナダ)も3回戦を棄権した。下克上も激しく、32
人のシードで残っているのは15人だけ、ベルダスコ

は錦織が準決勝までに対戦する相手で最高位だった。
悲願のマスターズ大会初優勝に向けて、まずは最初の

関門を突破した。波乱の大会に「多少なりともチャン
スがあるが、若い選手も上がってきている」と冷静に

話し、1試合1試合、集中を取り戻して、初優勝につ
なげる状態を作り上げる。

次戦(4回戦)は日本時間3月29日(水)0:00
に同57位のデルボニス(アルゼンチン)と対戦する。

順当に勝ち進み6年連続で16強入りを果たした錦織、
悲願のマスターズ優勝に向けこれから大きな山場を迎
える。

マスターズ初Vへ向かって、次戦も勝ち進み事を願っ
てやまない。
       
            頑張れ!


錦織圭 マイアミ・オープン2回戦完勝し3回戦へ  [スポーツ]

テニスのマイアミ・オープンは24日、米マイアミ
で行われ、男子シングルスで第2シードの錦織圭(

日清食品)は初戦の2回戦で世界ランキング74位
のケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6―4、

6―3で下し、昨年準優勝と相性のいい大会で、相
手に一度もブレイクポイントを握らせない完勝で初
戦を突破し3回戦に進んだ。

試合は強風を苦にせず、元世界ランキング10位の
アンダーソンに一度もブレークポイントを与えずに

完勝、最近はけがで世界ランクを落としているもの
の実力者のアンダーソンは203センチの長身から

打ち下ろすサーブを持ち味にする。錦織はその角度
のあるサーブに序盤から対応、第1セットの第5ゲ

ームでリターンが深く入り出し、相手に重圧を与え
このゲームで最初のブレークを奪うと、第2セット
も2つのゲームをブレークして押し切った。

試合を振り返り錦織は「リターンでしっかり返球が
できたので、いいプレーを引き出す要因にもなった。

   錦yjimage.jpg  

ミスが少なかったし、どのプレーもほぼ完璧だった
」と満足そうに話した。

今大会はA・マリー(英国)、N・ジョコビッチ(
セルビア)の世界トップ2が右肘痛で欠場。さらに

M・チリッチ(クロアチア)ら同ブロックのシード
選手が6人も敗退する波乱が起きている。

錦織は「多少はチャンスだが、あまり気にしていない」
と平常心を心がけ、悲願に近づいていく。

3回戦は元世界ランク7位のベルダスコ(スペイン)
と対戦(日本時間27日の0時(現地26日の11時)する。
相性の本大会で優勝なるか。

          頑張れ錦織!

  


錦織圭 BNPパリバ・オープン4強ならず [スポーツ]

テニスのBNPパリバ・オープンは17日、米カリフォル
ニア州インディアンウェルズで男子シングルス準々決勝
が行われ、第4シードでの世界ランキング5位の錦織圭
(日清食品)は第17シードのジャック・ソック(米国)

と対戦したが、3―6、6―2、2―6で敗れ、この大
初のベスト4進出はならなかった。

ツアーで四大大会の次に格が高いマスターズ初優勝はま
たしてもならなかった。

今大会、これまで錦織は3試合連続のストレート勝ちだ
ったが、第1セットは出だしの3ゲームを連取され、
31分で落とした。

第2セットに入ると錦織が本領発揮、第4ゲーム、第8
ゲームをブレークし、30分でこのセットを取った。

第3セットはソックが息を吹き返し、第1ゲームをいき
なりブレーク、錦織は第3ゲームをキープした直後、右

ひじを押さえ痛めるしぐさをみせた。第5ゲームで再び
ブレークを許すと、巻き返す力は残っておらずこのセッ
トを落とした。

    西yjimage.jpg     

今回の試合は、相手のサーブに押される場面が多く、第
3セットは2度のブレークを許している。

トップ選手がそろうマスターズでの優勝には、組み合わ
せや勝ち上がりの運も必要となる。今大会はすでに第1

シードのアンディ・マリー(英国)や第2シードのノバ
ク・ジョコビッチ(セルビア)が姿を消し、錦織にとっ

ては絶好のチャンスだったが、本大会制覇には至らなか
った。

またしてもあと一歩のところで敗退、本人、コーチは万
全の準備で臨んでいる中で、何が足りないのか、次回の
大会制覇に期待したい。

頑張れ錦織!              

錦織圭 BNPパリバ・オープン2年連続8強入り [スポーツ]

テニスのBNPパリバ・オープンは14日、米カリフォルニア
州インディアンウェルズで行われ、男子シングルス3回戦が行

われ、第4シードで進出してきた錦織圭(日清食品)は第25
シードのジレ・ミュラー(ルクセンブルク)に6-2、6-2
快勝し、16強となる4回戦に進出した。

試合は、第1サーブが絶好調だった。第1セットでの確率は95
%とほぼ完璧で、試合全体でも77%の高い成功率で主導権を

握った。「あれだけ入ればフリーに攻められるポイントが増え
る」と口も滑らか、この大会で使用されているコートはハード

コートの中でも高く跳ねるため、苦手意識を抱える錦織は回転
量を多くして弾ませるショットを効果的に使った。「ああいう

高い球をうまく交ぜていけば対応できるかなと思う」、不得手
なコートとの付き合い方も身に着け、一昨年、昨年とも格下と
接戦を強いられた3回戦を悠々と完勝で16強入りを果たした。

そして迎えた翌15日、シングルス4回戦が行われ、第4シー
ドの錦織圭が世界ランク60位のD・ヤング(アメリカ)に6-2,

6-4のストレートで勝利し、2年連続2度目のベスト8進出を果
たした。

錦織yjimage.jpg


試合は、第1セット、錦織は序盤から積極的に攻撃を仕掛け、
第1ゲームでいきなりブレークに成功。ブレークポイントを握

られた第2ゲームをキープすると、その後もストロークで優位
に立った錦織が第7ゲームで再びヤングのサービスゲームを破

り、続く第8ゲームでサービスキープしてこのセットを先取、
第2セット、ヤングの猛攻を受けた錦織は、第2ゲームで先に

ブレークされてゲームカウント1ー4とリードを許す。しかし、
第7ゲームでブレークバックに成功して追いつくと、勢いにの

った錦織が第9ゲームで再びブレークし、ストレートで勝利を
手にし、2年連続の8強入りを果たした。

準々決勝では、第17シードのJ・ソック(アメリカ)と世界
ランク53位のM・ジャジーリ(チュニジア)の勝者と対戦する。

あと一つで4強入り、頑張れ錦織!

*準々決勝の日程は現地時間で17日(金)(日本時間18日(土))


錦織圭 BNPパリバ・オープン ストレート勝ちで3回戦へ [スポーツ]

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアン
ウェルズ、ハード、ATP1000)が開幕(9日)、12日、シン

グルス2回戦が行われ、世界ランク5位の錦織圭(日清食品)
が第4シードで、世界ランク41位のD・エヴァンス(英国)を

6-3, 6-4のストレートで下し5年連続5度目の3回戦進出を果
たした。

試合は、第1セット、錦織はミスが目立ち第1ゲームでいきな
りブレークを許したが、第2ゲームですかさずブレークバック

に成功。その後もエヴァンスの粘り強い攻撃に苦戦するも、
第8ゲームで再びブレークしてこのセットを先取する。

続く第2セット、錦織はパッシングショットを決めるなどで第
1ゲームでいきなりブレークに成功。第2ゲームでは、エヴァ

ンスの力強いプレーを前にブレークバックを許すも、第9ゲー
ムで再びエヴァンスのサービスゲームを破って勝利した。

西ころyjimage.jpg

3回戦の相手は第30シードで世界ランク35位のスティーブ
・ジョンソンになった。

シード勢が勝ち進んだ場合は4回戦で第14シードのL・プイユ
(フランス)か第23シードのS・クエリー(アメリカ)と、準

々決勝で第6シードのM・チリッチ(クロアチア)と顔を合わ
せる組み合わせになる。

世界ランク5位の錦織はBNPパリバ・オープンに、今年で7年連
続9度目の出場、過去の最高成績は昨年のベスト8進出で、この

ときは準々決勝でR・ナダル(スペイン)にストレートで敗れ
ている。

今季の錦織は、2月のメンフィス・オープン(アメリカ/メンフ
ィス、ハード、ATP250)をスキップしてアルゼンチン・オープ

ン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、ATP250)
とリオ・オープン(ブラジル/ リオデジャネイロ、レッドクレー、

ATP500)のクレー2大会に第1シードで出場、アルゼンチン・オ
ープンは準優勝を飾ったが、リオ・オープンでは1回戦で地元の
T・ベルッチ(ブラジル)にまさかのストレート負けを喫した。

また、今大会は第1シードのA・マレー(英国)や第7シードのJW
・ツォンガ(フランス)が初戦の2回戦で敗れる波乱にも見舞われ
ている。

そんな錦織が今季マスターズ初戦を白星で飾った。3回戦の相手
は世界ランク35位のスティーブ・ジョンソン、これまでの対戦

成績は3戦3勝、落としたセットはわずか1セット、この選手と
は相性が良く、錦織の優位は動かない。

3回戦の試合は3月14日AM1100(日本時間 3月15日
AM300(午前3時))になる。

順調に勝ち進み、優勝争い姿を見たい。頑張れ錦織!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。