So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭 ゲリー・ウェバー・オープン 2回戦で途中棄権 [スポーツ]

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンは22日、
ドイツのハレで行われ、シングルス2回戦で世界ラ

ンキング9位の第3シード、錦織圭(日清食品)
同38位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦、

2―3となった第1セット第5ゲーム後に臀部(で
んぶ)付近に痛みを覚えて治療を受けたが回復せず

第6ゲーム途中で棄権、2年ぶりのベスト8進出と
はならず、この大会での棄権は3年連続ということ
になる。

この日、序盤から互いにサービスキープが続く展開
となったが、第5ゲームが終了した時点でメディカル

タイムアウトを要求。左腰辺りを治療を受けて試合
再開したが、痛みで試合を続行することが出来ず無
念の途中棄権となった。

    yjimage.jpg

初戦では、F・ベルダスコ(スペイン)に第1セット
を先取されるも6-7 (7-9), 6-3, 6-4の逆転勝ちをお

さめて芝初戦を白星で飾り、2回戦に駒を進めていた。
また、今大会はベルダスコとペアを組んでダブルスに

も出場、第1シードのL・クボット(ポーランド)/ M・
メロ(ブラジル)組に善戦したが、4-6, 6-4, [8-10]
のフルセットで敗れてベスト8進出を逃した。

27歳の錦織は、先日行われた全仏オープン(フランス
/パリ)で2年ぶりのベスト8進出を果たし、今大会から
の芝シーズンに臨んでいた。

今後は7月3日に開幕するウィンブルドン選手権(イギ
リス/ロンドン、芝、グランドスラム)に出場する予定
だが、不安が残る結果となった。

残念な結果となったが、しっかり体調を整え、ウィン
ブルドンへはベストな状態で臨む様願ってやまない。

  頑張れ錦織!

錦織圭 ゲリー・ウエバー・オープン 初戦は逆転勝ち! [スポーツ]

ウィンブルドンの前哨戦となるゲリーウェバーオープン
が開幕(6/19(月)~6/25(日)した。

本大会に今年も男子シングルス1回戦で世界ランキング9
位の錦織圭(日清食品)が出場した。

2日目の20日、男子シングルス1回戦で錦織は、実力派の
ベテラン、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対

戦、6-7、6-3、6-4で苦戦するも、2時間半にわたる激闘
を制し逆転勝利した。

錦織にとっては、7月に開幕するウィンブルドン前の唯一
の芝の公式戦、第1セットからタイブレークへともつれ込
む熱戦となったが、2セット連取で実力を示した。

2年連続で怪我をした“鬼門”の本大会に、「上手くいくと
思う」と自信を見せながら臨んだ初戦、33歳のベテラン

フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)が繰り出す鋭い
サーブに手を焼き、第1セットをいきなり失う展開になっ

たが、錦織は粘り強く食らいつき、今季初の芝コートで
初戦を勝利し好スタートを切った。

試合後錦織は「出だしは彼の方が良かったと思います。
第1セットのサーブは本当に良かった。リターンゲームで

はほとんどチャンスがありませんでした。でも、第2セッ
トでだいぶプレーも良くなって、よりアグレッシブになる

ことができた。今日はタフな試合でしたが、勝てて嬉しい
です」とコメント、

赤土のクレーコートに比べて芝は体への負担も大きいとさ
れ、2015年は準決勝(アンドレアス・セッピ戦)で左ふく

らはぎを痛めて途中棄権、昨年は初戦で左脇腹を痛め、2
回戦(フロリアン・マイヤー戦)を棄権した。それだけに、

錦織もATPワールドツアー公式サイトに対し、「僕はまだ
芝で最高の結果を得ることができていない」と胸中を明か

していたが、一方で、芝のコートでの戦いに手ごたえも感
じているようだ。

     yjimage.jpg   

「芝のコートでプレーするのは僕にとってチャレンジ、ど
のようなプレーができるのか、探っていますが、毎年改善

することはできていると思う。初戦だったので、完璧なプ
レーができるとは思っていませんでした。でも、上手くい
くと思います」 と初戦を振り返った。

2回戦では世界ランク38位の2メートルのカレン・カチャノ
フ(ロシア)と戦う。長身を生かした弾丸サーブもある期
待のプレーヤー、5月21日が誕生日、21歳になりたての強
敵だ。

日本のエースは2年ぶりの8強入りを果たすとともに、芝へ
の自信を深めることができるか。

頑張れ錦織!

錦織圭 全仏オープン、世界1位に逆転負けで84年ぶり4強ならず [スポーツ]

テニス・全仏オープン第11日(7日、パリ)男子シングルス
準々決勝で、世界ランキング9位で第8シードの錦織圭(日清

食品)が世界1位で第1シードのアンディ・マリー(英国)に
6-2、1-6、6-7、1-6のセットカウント1-3で逆

転負け、日本男子では佐藤次郎以来、84年ぶりの4強入りは
ならず、フルセットの末に逆転勝ちした昨年の全米オープン準
々決勝の再現はならなかった。

試合は第1セット、ダブルフォルトなどミスが続いた王者マレー
の隙を突いた錦織が第3ゲームで先にブレークに成功。第7ゲー

ムで再びブレークした錦織は、ドロップショットなど多彩な攻
撃を展開してポイントを先行し、このセットを先取

続く第2セット、スマッシュのミスやダブルフォルトを犯した錦
織は第4ゲームで先にブレークを許す。ベースラインの中に入っ

て積極的に攻撃を仕掛けるも単調なミスが増え、その後もゲーム
を奪うことが出来ずセットカウント1-1に

     yjimageKXSOWQ6A.jpg

第3セット、第5ゲームで先にブレークされた錦織だったが、粘り
強くポイントを重ねて第6ゲームですぐにブレークバックに成功、

その後、互いに1度ずつブレークしてタイブレークに突入したが
ミスが先行してこのセットを落とし、セットカウント1-2と後が
なくなる。

第4セットは錦織が第1ゲームで先にブレークに成功したが、マレ
ーを崩すことが出来ずに逆転を許して敗退となった。

両者は今回が11度目の対戦で、錦織の2勝9敗。
テニスの質は世界王者にも負けていなかっただけに、今回の敗退
は悔やまれる。

悲願の4大大会初制覇へ、メンタル、フィジカルともに充実した
錦織圭のテニスを次の全英オープンで期待したい。

錦織圭 全仏オープン2年ぶりの8強入 次戦は王者マレー [スポーツ]

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、
グランドスラム)は5日、男子シングルス4回戦が行われ、

第8シードの錦織圭が世界ランク37位のF・ベルダスコ(
スペイン)を0-6, 6-4, 6-4, 6-0の逆転で下し、2年ぶ
り2度目のベスト8進出を果たした。

準々決勝では、第1シードのA・マレー(英国)と対戦する。
この試合、1ゲームも奪えずに第1セットを落とした錦織は、

第2セットに入ると第1ゲームでブレークに成功、続く第2
ゲームではブレークバックされたが、第9ゲームで再びベ

ルダスコのサービスゲームを破り、セットカウント1-1
に追いつく。

第3セット、錦織は苦しみながらも第3ゲームで先にブレー
クに成功する。第6ゲームでブレークバックを許したが、

直後の第7ゲームで再びベルダスコのサービスゲームを破
ってこのセットを奪い、ベスト8進出に王手をかける。

     yjimageG0M7YY5J.jpg

第4セット、錦織が第1ゲームでまたも先にブレークに成功、
徐々に本来のストロークを取り戻した錦織が、リードを守
りきって接戦を制した。

次戦は世界1位の第1シードの王者、アンディ・マレー(
英国)と対戦する。マレーとは今回が11度目の対戦、過去

の対戦成績は錦織の2勝8敗と負け越しているが、クレー
コートでは初対決となる。

  いよいよ大詰め、次戦は王者マレー、この壁を乗り越
  えなければ制覇はない。

            頑張れ錦織!

錦織圭 全仏オープン3回戦突破し3年連続16強入り [スポーツ]

テニスの全仏オープン第8日は、3日、パリのローラン
ギャロス3回戦が行われ、男子シングルス3回戦で世界
ランキング9位の第8シード、錦織圭(日清食品)は世

界67位の鄭現(韓国)対戦するも、第4セット途中で
雨天で順延となった。

翌4日、試合を再開、雨天順延となったフルセットの死
闘となったが7―5、6―4、6―7、0―6、6―4
で粘り勝ちして、3年連続でベスト16強進出を決めた。

試合後「凄くタフな試合だった。最終セットでもブレー
クされて気持ち的には辛かったが、最後は諦めずにプレ
ーできた」と振り返った。

この日の試合に臨むにあたり「昨日の3セット目、4セ
ット目の出だしがよくなかった。リターンに集中してリ

ズムを変えたかった」と前日からの修正点を挙げてから
「特に5セット目は自分らしいプレーができた。身体の

痛みもあったので雨天順延はラッキーだった。運もあっ
たと思う」と“恵みの雨”だったと告白した。

   yjimage.jpg

他の男子シングルス3回戦では、第1シードのアンディ
・マリー(英国)が第29シードのフアンマルティン・デ

ルポトロ(アルゼンチン)を下し、第3シードのスタン
・バブリンカ(スイス)とともに4回戦に進んだ。

女子ダブルスの日比野菜緒(ルルルン)アリシア・ロソ
ルスカ(ポーランド)組は3回戦で敗退した。

錦織は4回戦で世界37位のフェルナンド・ベルダスコ
(スペイン)と対戦する。

「クレーで強い選手なので体力を回復して臨みたい」と
次戦への意気込みを語った。

悲願のグランドスラム初制覇へ向かって着々とコマを進
めている。
  
       頑張れ錦織!

錦織圭 全仏オープン 3年連続4度目の3回戦へ [スポーツ]

テニスの全仏オープンは1日、パリのローランギャロスで
第5日が行われ、男子シングルス2回戦で世界ランク9位、

第8シードの錦織圭(日清食品)は、同74位のジェレミ
ー・シャルディー(フランス)に6-3、6-0、7-6

で勝ち、2時間足らずで3年連続4度目の32強入りを決
めた。これでジェレミーとの対戦成績は6勝2敗となった。

錦織はこれで日本男子大会最多の13勝目で、佐藤次郎(
故人)と並ぶ成績で3回戦進出を飾った。

試合後錦織は「今日はすごく良かった。最後の第3セット
で3-0から巻き返されたのは反省だが、今日はポジティ

ブなところが良かった。自分から攻めていけたのが1回戦
と違うところ。ビッグサーバー相手に守りにだけにならず

攻めていくことを心がけた。調子も良くなってきている。
次もしっかり準備して臨みたい」とコメントした。

    yjimage.jpg

しかし本試合の第3セット第3ゲーム後、錦織はメディカル
タイムアウトを取り、上半身裸になって右肩付け根付近を治

療する場面があった。本人によれば「大会に入ってから」の
痛みで、2日前の1回戦でもときおり押さえていた箇所だ。

3回戦の相手は、同67位の鄭現(韓国)、体に不安を抱え
ている上で、相手は世界ランキング67位ながら、若手の中

では3指に入る成長株、宿命の日韓対決となった次戦では捨
て身で向かってくるに違いない。

3回戦でも錦織の善戦を期待したい!