So-net無料ブログ作成

錦織圭 全英初戦、2回戦を制し2年連続3回戦進出! [スポーツ]

テニスのウィンブルドン選手権(ロンドン郊外オール
イングランド・クラブ)が開幕しました。

本大会男子シングルス1回戦(3日)に、世界ランキ
ング9位の錦織圭(日清食品)が、同102位のマル

コ・チェッキナート(イタリア)と初戦対戦、序盤か
ら積極的に攻め、ネットプレーを多用するなど、早い

展開でポイントを重ね、自身のサーブゲームではほと
んど相手にポイントを与えなかった。力の差を見せつ

けた本戦、第1セット、第2セットをともに6-2で
取り、第3ゲームも6-0と圧倒、1回戦では錦織に

とって4大大会最短の72分というスピード勝利し、
ウィンブルドン通算12勝目で、並んでいた清水善造

を抜き、佐藤次郎の14勝に次ぐ日本男子史上単独2
位となった。

そして迎えた2回戦(5日)では、世界ランキング
122位のセルジー・スタホフスキー(ウクライナ)

と対戦、6-4、6-7、6-1、7-6で下し、
2年連続で3回戦進出を果たした。

対戦したスタホフスキーとは過去2戦2敗と分が悪く、
芝のコートでは初対決、2011年11月のBNPパ
リバ・マスターズ大会以来の対戦となった。

スタホフスキーは13年のウィンブルドンで最多7度
制覇のロジャー・フェデラー(スイス)を破った難敵

で、今大会の予選3回戦では伊藤竜馬(北日本物産)
を破り、本戦進出を果たした選手、

試合は第1セットを6-4あっさり奪ったが、第2セ
ットは苦しんだ。1つブレークを先行され、錦織が追

yjimage.jpg

いつきタイブレークに持ち込んだが、最終的にこのセ
ットを6-7で落とした。

第3セットでは錦織が立て直す。スタホフスキーに疲
れが見える場面もあり、6-1で錦織が取った。

第4セットは互いにキープが続き、タイブレークの末
に勝利した。

1回戦では錦織にとって4大大会最短の72分という
スピード勝利だったが、この日は3時間を超える長丁
場だった。

3回戦では世界19位のバウティスタ(スペイン)と
対戦する。過去の対戦成績は錦織から見て4勝0敗、
悲願のウインドブルドン初制覇を目途に錦織は進む。

頑張れ錦織!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。